活動成果

論文発表

2017年04月12日論文発表

    1. Yoshitomi Y, Asada T, Kato R, Yoshimitsu Y, Tabuse M, Kuwahara N, and Narumoto J. “Music Recommendation System through Internet for Improving Recognition Ability Using Collaborative Filtering and Impression Words”, Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol.2, No.1, 2015, pp.54-59. こちらをご覧ください。
    2. 成本 迅.医療からみた日本における意思決定支援の課題と展望.千葉大学法学論集.2015; 30: 224-230.⇒こちら
    3. Asada T, Yoshitomi Y, Tsuji A, Kato R, Tabuse M, Kuwahara N, and Narumoto J. “Facial  Expression Analysis while Using Video Phone”, Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol. 2, No. 4, 2016, pp.258-262. ⇒こちら
    4. Asada T, Yoshitomi Y, Kato R, Tabuse M, and Narumoto J. “Quantitative Evaluation of Facial Expressions and Movements of Persons While Using Video Phone”, Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol.2, No.2, 2015, pp.111-114.
    5. 成本 迅.特集 高齢者との金融取引における課題〜地域の高齢顧客をどう守るのか
      第1章 医学から見た認知症高齢顧客の特徴とトラブル防止.KINZAIファイナンシャルプラン.2016; 4-8.
    6. 上林里佳.特集 高齢者との金融取引における課題〜地域の高齢顧客をどう守るのか
      第2章 地域に暮らす高齢者への経済的虐待について〜社会福祉の現場から.KINZAIファイナンシャルプラン.2016; 374: 9-18.
    7. 上林里佳.特集 高齢化と金融 判断能力が低下した高齢者との金融取引事例.週刊 金融財政事情.2016; 3161: 16-19.
    8. 吉冨康成.個人情報保護法の改正とデータサイエンスの新潮流.特集にあたって.282.編集後記.332.オペレーションリサーチ.2016年;61:5.こちら
    9. 小松紗代子.認知症の人への金銭管理の支援実態と課題―認知症高齢者の日常生活自立度別検討―.みずほ情報総研レポート vol.13.2017;3.こちら
    10. 大庭輝・佐藤眞一・数井裕光・新田慈子・梨谷竜也・神山晃男.日常会話式認知機能評価(Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction; CANDy)の開発と信頼性・妥当性の検討 老年精神医学雑誌 2017;28: 379-388.