活動成果

学会発表

2016年04月20日学会発表

  1. 成本 迅.能力評価が必要とされる場面について.第110回日本精神神経学会学術総会.2014年6月26日~6月28日,横浜.
  2. 渡邊衡一郎,飯干紀代子,成本 迅,加藤佑佳.精神障害者における支援付き意思決定.第111回日本精神神経学会.2015年6月4日,大阪.
  3. 浅田太郎,吉冨康成,加藤亮太,田伏正佳,成本 迅.被験者の動きにロバストなテレビ電話中の表情分析.ヒューマンインターフェースシンポジウム2015.2015年9月2日(水),函館.
  4. Iiboshi K, Kato Y,  Matsuoka T, Narumoto J, Eguchi Y, Kishimoto T, Mimura M, Iwamaru H, Awazu K: Capacity Test in Finance Activities of Elderiy; Preliminary Study.  International Psychogeriatric Association, 2015 International Meeting. October 15, 2015, Berlin, Germany.
  5. 江口洋子,岸本泰士郎,北沢桃子,飯干紀代子,成本 迅,三村 將.物忘れ外来受診者に対するテレビ会議システムを用いた神経心理検査の実用性に関する検討.第39回日本高次脳機能障害学会学術総会.2015年12月11日(金),東京.
  6. Asada T, Yoshitomi  Y, Kato R,Tabuse M , and Narumoto J. “A System for Facial Expression Analysis of a Person While Using Video Phone”. International Conference on Artificial Life and Robotics, January 31, 2016, Okinawa, Japan.
  7. 岸本泰士郎.Telepsychiatry の展望と課題 治療経験を含めて.日本遠隔医療学会スプリングカンファレンス.2016年2月13日(土),東京.
  8. 江口洋子.テレビ会議システムを用いた認知機能評価の有用性 時計描画検査について.日本遠隔医療学会スプリングカンファレンス.2016年2月13日(土),東京.
  9. 粟津和也.遠隔医療はビジネスとして成り立つか?遠隔医療システムのコストと損益分岐点.日本遠隔医療学会スプリングカンファレンス.2016年2月13日(土),東京.
  10. Asada T, Yoshitomi Y, Tsuji A  Y, Kato R, Tabuse M, Kuwahara N, and Narumoto J. “Facial Expression Analysis While Using Video Phone”, Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics, January 12, 2014, Oita, Japan.
  11. 浅田太郎,吉冨康成,加藤亮太,田伏正佳,成本 迅.テレビ電話中の表情分析と顔動作解析.ヒューマンインタフェースシンポジウム2014.2014年9月12日(金).京都.
  12. Asada T, Yoshitomi Y, Kato R, Tabuse M, and Narumoto J, “Quantitative Evaluation of Facial Expressions and Movements of Persons While Using Video Phone”, Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics, January 11, 2015, Oita, Japan.